2018年01月04日

文芸イベント『かきあげ!』へのお誘い


 唐突ですが紹介したくなったので紹介します。

 私が常連で参加しているネット上の文芸イベントに『かきあげ!』というものがあります。

https://kakiage.org

 内容は以下の通りです。


・参加者は締め切りまでに、指定された分量の短編作品をサイトにアップロードする。

(今回の締め切りは1月28日です)

・集まった作品が一斉に公開され、参加者同士で感想を書きあう。

・良いと思った作品に投票する。最多得票作品は表彰される。

・投票結果を参考にして、編集部が10作品程度を選び同人誌を作る。


 主宰はhidesukeさんという方で、ウェブ関係のお仕事をしながら趣味で小説を書かれています。本業で培ったノウハウを活用して2014年に『かきあげ!』のサイトを立ち上げました。

 イベントは年2回、夏と冬に開催されます。毎回異なる「お題」が提示されますが、参加者はお題を生かすも良し、無視するも良し、作品のジャンル不問、とにかく締め切りまでに作品を書き上げてサイトにアップロードします。

 毎回30作品程度が集まりますが、1人で2作品以上書かれる人もいます。大雑把にカウントしたところでは常連さんが15名程度で、毎回数名のご新規さんが参加されているようです。特に厳しい参加資格は設けていませんので(日本語の読み書きができることと、常識的なネットリテラシーくらいか)、このコラムをお読みの方もご興味があれば是非ご参加ください。


 ひとつ、参加者に要求されているのは「他の参加者の作品を読んで感想を書き込むこと」です。

 所定の日に作品が一斉に公開され、それぞれの作品にコメント欄がついています。できれば1ヶ月以内に感想を書きます。私は常連参加で慣れてしまいましたが、不慣れな方だと短編とはいえ30作品を読破するのは大変かもしれません。まあ、無理のない範囲で読みましょう。


 この「感想を書きあう期間」が一番楽しいです。

 自分の作品に好意的な感想もそうでない感想も書き込まれますので、一喜一憂するのが常となります。「狙い通りになったな」と手応えを感じる時もあれば「作品の意図が読者にちゃんと伝わらなかった」という時もあります。後者の時は反省して次回に生かします。

 自分の作品だけでなく、他の参加者の作品につくコメントも興味深く読めます。「なるほど、そういう読み方があったか」と膝を打ったり、逆に「いやいや、あんたはこの作品の良さがわかってないな。かわりに私が褒めなくては」と張り切ったりします。

 コメントは1作品あたり20個くらいつきます。普通に趣味で小説を書いているだけだと、ここまで多くのコメントを貰えることは稀でしょう。読み手を求めている書き手には良い環境なのではないかと思います。


 ただ、この環境に馴染めない方もいるようです。原因はいくつかあるでしょうが、私の想像では「自分の作品についたコメントに過剰反応してしまう」というものが大きそうです。

「自分の作品を褒めてもらいたい」という気持ちはどの参加者も多かれ少なかれ持っていますが、その気持ちが強すぎる人だと、褒めてないコメントが書き込まれた時に深く落ち込んでしまうようです。大半の参加者は、良くも悪くも率直な感想を書き込みますので、そういうことはよくあります。

 落胆して参加を一度きりでやめてしまうご新規さんを見て、私個人は少し残念な気持ちになりはしますが、強く引き止めようとは思いません。もし『かきあげ!』が「どんな作品でも必ず褒めよう」という方針にすれば、より多くの参加者を取り込めるかもしれませんが、それでは率直なコミュニケーションが阻害されると思うのです。率直なコミュニケーションを楽しめる方を歓迎します。


 参加者の属性をざっくり紹介すると常連さんは30〜40代の社会人が大半です。20代の学生の方が数名。最高齢の方は60代。男女比は7:3くらいで男性が多いです。

 常連さん同士は20代の頃に知り合って時を経て順当に高齢化しているという現状があり、特に若年層の参加者を強く歓迎する雰囲気があります。30代以上の方も当然歓迎していますが、単にテンションの問題で「平成生まれが来た!」「学生が来た!」と盛り上がる素直な人々です。

 参加者の好みは多様です。私自身はエンタメを好みますが、より硬派な文学を書かれる方もいます。私がよくわからないジャンルの作品には「よくわかりません」と感想を述べるしかないのですが、たいてい参加者のうち数名がきちんと読んで評価してくれます。


 今までの『かきあげ!』で私が気に入った作品を以下で紹介させていただきます。得票数にかかわらず、純粋に私の好みだけで選定します。


『よみがえる親子探偵』(第1回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/53b388e03467c73a4f92951f

 少年探偵物のパロディとして始まった(と思われる)シリーズ作品。第1回なのに「前回のあらすじ」があり、多くの読み手を幻惑させてくれました。文章の端々にユーモアが発揮されていて、読んでいて飽きることがありません。


『獺の壷』(第3回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/5598cb91051f884576365f8e

 江戸時代を舞台にした「妖町シリーズ」のひとつ。毎回、妖怪が不思議な力で騒動を起こすのですが、終わってみるとほのぼのとした良い話になることが多いです。獺かわいい。あと傘(第4回イベント)もかわいい。


『心霊現象グランプリ写真部門冬大会』(第4回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/56875bd193acb27401f94b41

 コメディ。幽霊たちが人間を怖がらせる技量を競う様子が滑稽。解説の柳さんも良いキャラしてます。ひたすらボケ倒されていて楽しかったです。同じ作者さんの『陶芸家、坪ノ内の日常。』(第3回イベント)もオススメ。


『裏。』(第4回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/5685b0d42feddc7501bf5ef0

 この作品はジャンル紹介すらネタバレになってしまう感じ。ひとつ言えるとしたら「極上の変化球である」という点だけ。何がどう変化したかはご自身の目で確かめてください。『かきあげ!』史上最高傑作はこの作品だと思います。


『ふわっとね』(第5回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/57b0b501492893f50009ee3c

 文体が特徴的。文を短く区切って詩や詞のように並べていて、リズムが心地良いです。ともすれば突っ慳貪になりがちな関西弁の語調を、丁寧に配置して優しい空気を作りだしています。「何かめっちゃええやん」と言いたい作品。


『私と物語』(第6回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/5861648987b964f900395c64

 小説を書く意義を問う深刻で切実なエッセイといった雰囲気。我が身を省みるきっかけになりました。なぜ書くのかと問われたので、私は感想コメントで「楽しいから」と答えました。本稿前半で述べたように、楽しい率直なコミュニケーションの手段のひとつだと思っています。


『SPY&OPPAI〜スパイは二度揉む〜』(第6回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/588e08b387b964f900395c84

 初志貫徹した下ネタ作品。サイト上の掲載順で先頭が『私と物語』、トリが『OPPAI』というのが『かきあげ!』の幅の広さを象徴しています。評価は大きく割れたようですが、私は続編を待望しています。新作でもいいです。


『オトマトメ』(第7回イベント)

https://kakiage.org/articles/show/599da4d1bcfea51100791a63

 芸術的かつ技巧的な作品。「好奇心旺盛な子どもが工場を見学した」というだけの話なのですが、語り口のおかげか、光景のひとつひとつが魅力的。文字通り「オト」がまとまっていくクライマックスも堪能できました。


 紹介したい作品は本当はこの3倍くらいあるのですが、紙幅の都合上この辺で失礼します。

「この記事を読んで書き手として参加することにしました」あるいは「書き手としては参加できないけど、作品を読んでみました」と言ってくれる人が、ひとりでもいると嬉しいです。ご参加、ご感想、お待ちしております!


https://kakiage.org

https://twitter.com/KakiageNovel

posted by 水市恵 at 00:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ナノブロックで田中眼蛇夢 他

久々のブログ更新。

12月14日は『スーパーダンガンロンパ2』の田中眼蛇夢さんの誕生日ということで、ナノブロックで作ってみました。

image-58aa6.jpg
眼蛇夢さん、誕生日おめでとうございます!

破壊神暗黒四天王を喚ぶとこうなります。
彼らの色の微妙な違いを表現できなかったのが、若干心残り。

image-699d0.jpg
image-89644.jpg
500円玉の上に降臨!
ナノ田中眼蛇夢さんの身長は7cmくらいです。

-------------------

さて、別件。
コミケ関連のお知らせです。

前回まで「ナノブロックでラーメンズ」で参加していましたが、しばらく休憩させていただきます。

ただ、既刊本を委託販売で取り扱っていただけることになりました。

サークル名: NB団
3日目(31日 火曜)
東W42a

ナノブロックによって世界征服を企んでいるという、謎の秘密結社の皆さんです。
彼らの最先端ナノブロックテクノロジーの一端が披露されることになるでしょう。

なお、売り子の中に水市に似た人がいるという噂もあります。
秘密結社なので、噂しか聞けないのですが。

ご興味ありましたら、当日お立ち寄りください!
posted by 水市恵 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ナノライズ(nano block) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

『ゼロの使い魔』を食わず嫌いしている方へ

先月、『ゼロの使い魔』などで活躍された作家のヤマグチノボル先生が亡くなられました。

私はヤマグチ先生との面識はありませんが、『ゼロの使い魔』は複雑な思い入れがある作品です。先生を偲びつつ、このブログを書いています。

最初に白状すると、私はもともと『ゼロの使い魔』の熱心な読者ではありませんでした。

もちろん、有名な作品なので、ライトノベル業界の末席にいる身としてタイトルは前々から知っていましたが、「読みたい」と思うことは長らくありませんでした。

本の装丁やキャラクターグッズをあちこちで目にする度、「どうせこのルイズという女の子が可愛いだけの小説なんだろ」と冷めた視線を向けて食わず嫌いをしていた、というのが率直なところでした。私は「もっと硬派なライトノベルを書きたい」と思っている作家なので、いわゆる萌えを前面に押し出している作品は、正直、読むのも書くのも不得手なのです。

そんな私が『ゼロの使い魔』を初めて手に取ったのは、確か2010年から2011年にかけての時期だと思います。

担当編集者と打ち合わせを重ねた結果、異世界ファンタジーバトルを書くことが決まり、準備を始めました。挑戦したことがないジャンルだったので、色々と勉強する必要に迫られ、資料をたくさん買い込みました。その買い物の際に「『ゼロの使い魔』を読まなくては」と思い立ったわけです。

ファンタジー知識を得るためだけであれば、他にいくらでも有用な資料はありますが、やはり生きた作品に少しは触れておかなくては、という一種の義務感がありました。

シリーズ序盤の数冊を買い、他の資料と一緒に本棚に並べ、しばらくはそのまま置いておきました。ここでも「真っ先に読む必要はないな」「他の資料を読んで、一段落したら読もうかな」というくらいの優先順位でした。

大きな間違いだったと気づいたのは、『ゼロの使い魔3 始祖の祈祷書』のあとがきを読み終えた瞬間でした。

ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 (MF文庫J) [文庫] / ヤマグチ ノボル (著); 兎塚 エイジ (イラスト); メディアファクトリー (刊)

私は作品の本編よりも先にあとがきを読むタイプの読者で、1巻から順番にあとがきだけ続けて読み、その後、本編に入ろうと考えました。

そこで出会った3巻のあとがきは、私の読書生活史上、最上級と言って差し支えない名文でした。本を読むという行為に慣れ切った身のつもりだったのですが、たった2ページの文章に心揺さぶられ、不覚にも泣きそうになりました。今でも読み返そうとする度に涙腺が緩みます。

どんな内容なのかは、是非、ご自分の目でお確かめいただきたいです。
抜粋引用してご紹介してもいいのですが、そうするとヤマグチ先生の文章の価値が大きく減じられそうで怖いので、私は遠慮します。

私なりの言葉で議題のみご紹介すると、

・ヤマグチ先生の中で、ルイズがどのように生まれたのか。
・ルイズというキャラクターに、どれだけの思いを込めていたのか。
・『ゼロの使い魔』で社会に、読者に、どんなメッセージを発したかったのか。

これらのことが端的に表現された、入魂の、密度の極めて高い2ページでした。

だからルイズがこんなにも多くのファンに愛されているのか、これだけ強烈な引力を纏っているのかと、否応なく思い知らされてしまいました。

正直、私の中でファンタジーの取材がどうでもよくなり、作家としての志の見直しを迫られました。それくらい、ヤマグチ先生は気高き志を胸に秘めて筆を執られていたのです。

先日、メディアファクトリー等主催の「お別れの会」に参列し、
「勝手な決めつけで食わず嫌いをしていて申し訳ありませんでした」
と心の中で唱えながら頭を下げました。
生前に直接お伝えする機会はありませんでしたので、重ね重ね残念です。

私と同じように『ゼロの使い魔』を食わず嫌いしている方は、まずは3巻のあとがきを読んで、ヤマグチ先生の志に触れ、そこで「よし、読んでみよう」と思ったら1巻冒頭へ移る、という順番をお薦めします。

正道ではありませんが、3巻あとがきを読むか否かで、シリーズ全体の見え方が大きく変わってくると思います。

私にとってヤマグチ先生は雲の上の存在でしたが、同じ業界に身を置く者として、志を少しでも受け継いで励みたいと思う次第です。
posted by 水市恵 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

冬コミ参加。「ナノブロックでラーメンズ」やります!

水市です。

コミックマーケット83にサークル参加しますので、お知らせです。

小説家としての活動ではなく、完全に趣味の一環なので、その点ご容赦いただければと思います。

[サークル名] ナノライズ
[スペース] 29(土)東ウ 21a
[出典内容]ナノブロックでラーメンズ

コントグループ、ラーメンズのコントに登場するキャラクターたちを、ナノブロックで作りました。

絵本(というか写真本?)風に仕上げています。
表紙のカマンチョメンガーが目印!

image-20121215111954.png


他にも、ブロック作品をいくつか飾っておくつもりです。

image-20121215112109.png


image-20121215112138.png


なお、ラーメンズ本公演のパロディ満載で、元ネタがわからない人を置いてきぼりにする内容になっています。思う存分遊び通しました。

興味がある方は、当日、お立ち寄りください!
posted by 水市恵 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ナノライズ(nano block) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

ブログを改称しました

旧: 水市恵の三行日記

新: 水市恵の多目的日記


長らく放置していた当ブログですが、趣旨を変更して再利用します。
日記的な事柄はTwitterで書き、当ブログは

・新作発売やイベント参加のお知らせ
・趣味(ナノブロック)の画像まとめ

などに使うことにしました。

また、今回の改称に伴い、旧記事の大半を格納しました。
心機一転して更新していきます。

今後ともよろしくお願いします。
posted by 水市恵 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

5/27(木)イベント登壇予定

三行日記じゃないです。
ブログ放置していてすみません。

Twitterでは散々呟いていますが、来る5月27日(木)、イヴの時間ファン感謝イベントに登壇させていただきます。

詳細は下記URL(イヴの時間公式ブログ)でご確認ください。
http://timeofeve.com/diarypro/diary.cgi?no=63

すでにチケットは即日完売で売り切れていますので、ご容赦ください。
登壇予定のご報告までです。

劇場版を上映しながら、監督と一緒に生でコメントさせていただくという2時間。楽しんできます。







「イヴの時間 劇場版」 [DVD]

「イヴの時間 劇場版」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川映画
  • メディア: DVD





イヴの時間 another act (ガガガ文庫)

イヴの時間 another act (ガガガ文庫)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 文庫



posted by 水市恵 at 01:50| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

3/20(土)イベントに登壇します。

三行日記じゃないです。

この度ノベライズさせていただいたアニメ『イヴの時間』。
小説版発売直後、20日(土)のトークイベントに登壇させて頂くことになりました!

当日、小説版『イヴの時間 another act』をお買い求めになると、その場でサインさせていただく予定です。

主役は気鋭の映像作家、吉浦康裕監督。水市は可能な範囲で裏話をぶっちゃける感じで頑張りたいと思います。『イヴの時間』を観た方、ご興味のある方に是非お越しいただきたいです。


日時:3月20日(土) 13:30〜 
    (当日、11時より整理券を配布予定)
場所:ジーンズメイト アキバあそび館6F http://www.jm24.jp/
内容:トークショー&AR・Tシャツ デモ
登壇者:吉浦康裕監督
    AR三兄弟様
    水市恵


http://timeofeve.com/diarypro/diary.cgi?no=58

posted by 水市恵 at 11:57| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

このブログについて

未記入。近日中に編集予定。
posted by 水市恵 at 15:49| Comment(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

水市恵 作品一覧

ドラゴンライズ 3 (ガガガ文庫) [文庫] / 水市 恵 (著); 029 (イラスト); 小学館 (刊)
ドラゴンライズ 3 王宮と竜の嘘
2012/06

ドラゴンライズ 2 (ガガガ文庫) [文庫] / 水市 恵 (著); 029 (イラスト); 小学館 (刊)
ドラゴンライズ 2 反逆者と竜の嘘
2012/02

ドラゴンライズ (ガガガ文庫) [文庫] / 水市 恵 (著); 029 (イラスト); 小学館 (刊)
ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘
2011/09

時間商人 トキタの死期、カナタの思恋 (ガガガ文庫 み 1-8) [文庫] / 水市 恵 (著); カズアキ (イラスト); 小学館 (刊)
時間商人 トキタの死期、カナタの思恋
2010/10


イヴの時間 another act (ガガガ文庫)

イヴの時間 another act (ガガガ文庫)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 文庫






時間商人 トキタと命の簒奪者たち (ガガガ文庫)

時間商人 トキタと命の簒奪者たち (ガガガ文庫)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/06/18
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200906.html#03


時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)

時間商人 不老不死、二度売ります (ガガガ文庫)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200902.html#03


時間商人 不老不死、売ります (ガガガ文庫 み 1-4)

時間商人 不老不死、売ります (ガガガ文庫 み 1-4)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200808.html#02


携帯電話俺 3 (ガガガ文庫 み 1-3)

携帯電話俺 3 (ガガガ文庫 み 1-3)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/01/19
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200801.html#03


携帯電話俺 2 (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 み 1-2)

携帯電話俺 2 (ガガガ文庫) (ガガガ文庫 み 1-2)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/09/19
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200709.html#04


携帯電話俺 (ガガガ文庫 み 1-1)

携帯電話俺 (ガガガ文庫 み 1-1)

  • 作者: 水市 恵
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/06/19
  • メディア: 文庫



(公式)http://gagaga-lululu.jp/gagaga/lineup/200706.html#01
posted by 水市恵 at 11:21 | TrackBack(0) | 水市恵 作品一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする